イメージ画像

亀山社中の焼肉は
炭火焼が最も美味しい。

焼肉の本場!韓国

韓国の焼肉事情

焼肉といえば韓国ってイメージがあります。

日本でも、焼肉で有名な町は在日朝鮮韓国人の人が営んでいらっしゃるお店が多いですね。

現在では、焼肉の肉の種類のとしての名前として定着したカルビって言葉も韓国語ですね。

焼肉店で、バラくださいってのも無いでしょう。

そんな、韓国ですが、焼肉は専門店化しているそうです。

牛なら牛、豚なら豚とおのおの専門店があって、カルビ食べてハラミに行って、豚トロって訳にはいかないようです。

日本では、さらにホルモンも食べることができますよね。

最近話題のサムギョプサル。以前は聞いたことの無い名前でした。

なにそれ?って感じだったのですが、サムギョプサル食べに行ったって人も増えています。

サムギョプサルは、豚の三枚肉の事です。ついでにいつの頃からか焼肉店のメニューにも現れたデジカルビは豚のカルビです。

韓国では、豚肉が好んで食べられているらしく、豚の三枚肉であるサムギョプサルの専門店が数多くあるようです。もちろん、デジカルビの専門店もあるそうですよ。

日本でも最近豚が見直されています。

豚の油は牛の油より健康にいいという事で注目されています。

脂っこい割りにさっぱりしている豚肉は、調理の仕方を整えるとさっぱりと美味しいですよね。

亀山社中のお肉は、もちろん牛肉のわけですが、下味がつけられた漬け込み焼肉ですよね。

その点、韓国で言うプルコギの様な食べ方も意外に合います。

ちょっと贅沢ですが、野菜と一緒に焼くと、美味しく野菜も食べることができます。

韓国人に比べて、焼肉のときに野菜を食べる量が少ないと言われる日本人。

野菜も一緒に食べるように、野菜と一緒に焼くっていう手もあると思います。

飯屋や弁当屋で、焼肉定食を頼むと、野菜と一緒に炒められて出てきました。

量を増やす目的の野菜だと思われますが、焼肉のタレがしみ込んだ野菜は美味しく、焦げ目も香ばしい。野菜の摂取量が少ない日本人はプルコギ風に亀山社中のお肉を食べてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ