イメージ画像

BBQの時、簡単に火をつけましょう
炭に簡単に火をつける方法

亀山社中の焼き肉はBBQが最適!炭に火を着ける方法

BBQに最適!亀山社中の焼肉は、直火ローストが旨い。

お客様の感想と私の感想を合わせた結果、亀山社中の焼肉は、直火でローストする方が美味しいという結論に達しました。

直火と言えば、焼肉店で使用されている無煙ロースターなどが思い浮かびます。

家庭では、無煙でないガスロースターを使用する方法となります。

なかなか、家庭でロースターを使った焼肉はできない。

そんな方にはやはり、BBQです。

そう、バーベキューに亀山社中の焼肉はよく合います。

バーベキューと言えば、炭やコークスなどを用いた直火焼き。

中でも、炭を用いたローストは、肉の旨みを2段階ほど上昇させます。

ぜひ、屋外でBBQしてみてはいかがでしょうか。

炭に火を着ける方法。

バーベキューが嫌いだと言われる方にお聞きしたところ、いくつかの難点が見つかりました。

1つは、炭に火を点火するのが難しいと言う点です。

炭に火を点火しようとすると、時間がかかります。

新聞紙などの紙での点火は至難の業です。

着火剤を使用する方法もありますが、表面だけが焦げ、炭自体に火がつかないといった状態になりかねません。

そこで、少し出費して点火用器具を購入すると、かなり簡単に点火することができます。

着火鍋を使う方法

一番安い道具としては、点火用鍋があります。

普通のお鍋の底に網目状の穴が開いている鍋です。

この鍋に炭を入れ、コンロなどの直火にかけます。

キャンプ場などの屋外には、カセットコンロが重宝します。

鍋をコンロにかけるとかなりの勢いで炭がメラメラいいだします。

カセットコンロであれ、家のコンロであれ、コンロは空気の流れがよく考えられています。

コンロにかけるだけで、炭に火が移ります。

家庭のコンロなども、ガスを消しても炭が消えないで燃え続けます。

大丈夫だって、思ってBBQコンロなどに持っていくと消える場合がありますので、慎重に点火を確認してからBBQコンロに移しましょう。

着火器を使う方法

ホームセンターなどのアウトドアコーナーに行ってい見てください。

着火剤も結構売られています。

しかし、着火剤も確実に着火にいたらない場合も多いのです。

そんな時重宝するアイテムをホームセンターなどで発見できると思います。

それが着火器。

着火器

着火器の上に炭を入れます。

その炭の下側に、新聞紙の丸めたものなどを入れ、新聞紙に火を着火します。

煙突の効果で、空気が下から上に豊富に供給されます。

すると、酸素が効率よく火を燃やし、炭に移って行きます。

着火器

下側に穴が開いていて、空気が流れ込んできます。

穴の下側に新聞紙などを置いて、着火するとかなりの勢いで着火します。

これは便利なアイテムです。

このページの先頭へ