イメージ画像

亀山社中の焼肉は
炭火焼が最も美味しい。

太もものお肉部分のお肉の名称

シンシン

後ろ足の付け根あたりに位置する丸い形のお肉の中心部をシンシンといいます。

脂が少なく、ローストビーフやステーキ、タタキ等に使われるお肉です。

股のお肉なので、筋肉であるわけで、少しスジはあります。

赤身の旨味が美味しい部位になります。

亀の子

シンシンと同じく、後ろ足の太もものお肉。

模様が亀の甲羅に似ている事から亀の子と付けられた。

脂肪が少ない部分であるので、赤身の味がしっかりしているのが特徴。

軽く噛み切れる食感で、さっぱりした味が特徴です。

友三角

後ろ足の太もものお肉でシンシンの外側に位置するお肉。

シンシンに比べ、脂が多くなり、しかも、赤身の旨味は多い。

サクと切れる歯ごたえでクセのない味です。

一口食べると濃い肉汁がしみ出してきて、その後に脂の旨味が追いかけてきます。

このページの先頭へ