イメージ画像

お肉を美味しく食べる
エイジング

お肉を熟成エイジング

エイジングとは?

肉は熟成させた方が美味しい。

昔からお肉を食べていた欧米人はよく知っています。

昔から、腐らせない様に肉を熟成させる研究をしてきたのです。

香辛料もその為に必要で、その為に大航海時代は始まったともいえます。

お肉は熟成させた方が美味しいのです。

日本人も知ってはいますよね。

日本人も熟成の国民です。

様々な物を熟成、発酵させて美味しくしてきたんです。

お肉は、熟成させた方が美味しいのです。

熟成を経た肉は、肉の中で細胞が壊れ、タンパク質がアミノ酸に変わります。

アミノ酸は、全ての食べ物の旨味のもとです。

時間をかけてお肉を美味しくする方法をエイジングと言うそうです。

このエイジングは、肉の腐敗と隣り合う作業。

失敗すると腐ってしまうのです。

エイジングの種類

肉の熟成、エイジングは、ドライエイジングとウェットエイジングがあります。

一定の温度と湿度で、肉を乾燥させながら熟成するのがドライエイジングです。

昔からヨーロッパでおこなわれている方法です。

ウェットエイジングは、文明の利器を使用する方法。

真空パックなどをしたお肉を冷蔵庫の中で熟成する方法です。

日本人と、欧米人の肉に対する感覚は違っています。

しかし、最近日本にもエイジングしたお肉を扱うお店が増えてきました。

このページの先頭へ